こういっちーのばりばり楽しむ日々。

珈琲と映画とシンプルライフ。

『朝と珈琲とサンドイッチ』

f:id:greenapplebananacoffee:20180401145500j:image

>

 

太陽の暖かい日差しが僕の顔を照らして、あたたかさで目が覚めた。

 

猫のように伸びをする僕はまだ半分夢の中です。

 

そっと耳を澄ますと、小鳥の声が聞こえて来ます。

 

カーテンを開けて、朝ごはんの準備をする。

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

朝起きると、まず最初にお湯を沸かします。

 

 

コーヒーの豆を手動のミルで挽きながら、ソファーに座って窓から空を見上げると、

東京の空は、小さくて、故郷の九州の青弓のような広い青空に会いたくなります。

 

f:id:greenapplebananacoffee:20180401145532j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

  お湯が沸く間に、トーストを二枚、一枚の上にチーズをのせてトースターに入れる。

 

 

その間に、育てている観葉植物に水をあげながら、ステレオのボタンを押す。

f:id:greenapplebananacoffee:20180401145551j:image

 

 

ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビイWaltz for Debby)が流れ出す。

 

 

 

 

朝はいつもサンドイッチです。

 

まずは、サンドイッチの中に入れる具を作る。

 

茹でた卵を潰してペーストして、塩、マヨネーズ、隠し味に九州の味噌を入れる。

 

 

黄金色に焼き上がったトーストの片面に辛しバターを丁寧にぬる。

 

その上に特製卵ペーストを均一に拡げる。

 

 

 

ここまでくると朝の眠気もなんとやらで、気分も上々になって来ます。

 

シャキシャキのレタス、トマト、きゅうりをのせて、、

 

 

手のひらで優しくぎゅっとパンを包んであげながら3等分に切り分けます。

 

特製サンドイッチの出来上がり。

 

 

チーズがとろりのサンドイッチに仕上がりました。

 

 

f:id:greenapplebananacoffee:20180401145613j:image

 

 

 

次はCOFEEの準備に取り掛かります。

 

 

一つ穴のKalitaのドリッパーにペーパーを拡げて、紙の匂いを取るために一度お湯を通す。

 

 

 

 

アフタヌーンティ特集

お湯がきちんと落ちきったのを確認してから、挽いた豆を入れる。

 

そして少しトントンとドリッパーの中の豆をととのえます。人差し指で真ん中に軽く穴を作る。

 

お湯の温度は、だいたい92~93度が好み。

 

愛器のコーヒードリップポッドに沸騰したお湯を入れ、狙う温度にするために少し冷水を入れる。

f:id:greenapplebananacoffee:20180401145638j:image

 

 

コーヒー豆の真ん中に優しくお湯を注ぎながら、時計回りにお湯をさらに注いでいく。

お湯を淵の方にそそがないのがみそ。

 

 

 

15秒から20秒ほど蒸らしましたら、真ん中に小さい円を描くようにさらにお湯を注いでいきます。上手くおとせていると真ん中から白い泡のようなものが出て来る。

僕は勝手にこれを天使の泡と呼んでいる(笑)。

 

 

この時重要なのは、コーヒー豆を通ってドリッパーの下に落ちていくコーヒーと注ぐお湯の量が同じになるようにすること。

 

 

 

 

イメージとしては、コーヒー豆に気づかれないように優しく天使の泡を保ったまま、お湯を注ぎづづけることかな。

 

最初は難しかったが、好きこそ物の上手なれで出来る様に。

 

 

150ccほど落としましたら、ドリッパーを外す。

 

コーヒーをお気に入りのカップに注ぎ

 

 

 

朝ごはんの出来上がり。

 

 

コーヒーを飲みながら、ほっと生身の自分自身にかえる、この時間がとっても貴重で大好きです。

 

f:id:greenapplebananacoffee:20180401145717j:image

 

  <

 

/p>